スーパー戦隊なら青が好き

適応障害と診断されたサラリーマンの日常

MENU

メンタル改善奮闘記 Vol. 22 ~1週間の有給休暇を取った結果報告~

どうも、ぱんげあです。

 

 

前回の記事の最後に書いていたのですが、

11/15~19の間の5日間、有給休暇をいただきました。

 

産業医から1週間程度の休みを早めに一度取ってほしい、

と言われていたので、上司に連絡しつつプロジェクトメンバーと調整し、

先週の1週間休みをいただきました。

 

1週間休みを取ったので、

土日を2回挟んだことで9連休でした。

 

この9日間、どう過ごしたのかまとめておこうと思います。

 

 

前の記事はこちら

pangea0128.hatenablog.com

 

 

 

 

有給中にやりたかったこと

 

 

その9日間は、とにもかくにも

仕事から離れてゆっくり過ごし、気持ちが少しでも良くなるように

休むことを優先して過ごそうと考えていました。

 

 

そうは言うものの、少しでも目標のようなものを決めて、

少しでも何か自分の中で成果と呼べるものを達成し、

自分に自信をつけよう!と考えました。

 

そこで、以下の7つの考えた目標を立てました

 

  1. 自炊、家事はいつも通りこなす
  2. いつもの平日通りの生活リズムを維持する
  3. 雨の日以外は外に出て少しでも運動する
  4. 本を1冊以上読むきる
  5. やろうと計画しているだけのマインクラフト実況の準備を少しでも進める
  6. ブログを2つ更新する
  7. ブログの見た目を変更するためHTMLの勉強を少しでもする

 

 

 

いざ有給をとってみて

 

1週間の有給を取って、上記の7つの目標を立ててみたのですが、

目標1,2,3,4はなんとかできていたのですが、

目標5以下ができませんでした。

 

目標5以下はかなり集中力が必要な作業で、

いざやろうと思ってもなかなか体が動かない、、

という日が多かったです。

 

 

 

朝は基本的には起きれていたのですが、

なんかしんどいなぁ、という日が続き、

布団から起きれずにスマホをだらだらいじっている日が多かったです。

 

 

昼前に布団から出てお昼を食べると、また眠たくなり

1時間ほど昼寝する。。

 

昼寝をした後は、少しでも何かしないと、

とソワソワした気持ちになったため、散歩がてら、

ジムに行って運動はせずにお風呂とサウナに行っていました。

 

 

そんな生活が続きました。

 

 

 

だらだら過ごしてしまったことで罪悪感のような、

なんの生産性もない1日を過ごしてしまったことに対する虚無感のような

ソワソワする気持ちが抜けない日が多く、

ゆっくり休められた感覚は薄かったように思います。

 

 

運動できる日はスイミングや筋トレなどを10分ほど、

軽く運動していたのですが、

なかなか気持ち的に運動ができませんでした。

 

ジムまでは徒歩で移動なので、

軽い散歩にはなっていたかな、と思います。

 

ジムから帰ると晩ごはんを食べ、寝るまでの間、

アニメをみながら布団でぐだぐだする日が多かったです。

 

 

正直、もっと活動的に動きたかったな

と思ったりしますが、休暇の本来の目的が

ゆっくり体を休める、だったのでまぁいいかな、

とも思うようにしています。

 

 

また、休暇中にずっと積読本にしていた

”オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る”

を読みました。

 

 

 

台湾がデジタル化の推進している方法や、

コロナウイルス感染対策についてどのようにデジタル技術を活用したのか、

今後どのようにAIなどのデジタル技術と関わっていくべきか、

オードリーさんの考えが書かれており、非常に参考になる内容が多く、

考えさせられる内容でした。

 

 

 

本当は、休暇中に以前ブログでも紹介した、

"HSPとグレーゾーンな人たち"

の中で不安症について書いてあり、

その内容が自分に当てはまっているように感じたため、

不安症について理解を深めるための本を読もうと思っていました。

 

 

"HSPとグレーゾーンな人たち"の感想についてはこちらpangea0128.hatenablog.com

 

 

 

しかしだらだら過ごしてしまったこともあり、

本を探すことが遅くなってしまい、

Amazonで注文してから届くまでに時間がかかってしまい、

読むことができませんでした。

 

これから読んで不安症について理解していこうと思います。

 

この本についても内容を自分の中で整理することも兼ねて

ブログの記事にしようと思います。

 

 

 

 

 

最終日の心療内科診断

 

ちょうど予約していた心療内科での診断が

休暇の最終日でした。

 

 

診察で、1週間休暇をとったこと、

休暇中はだらだら過ごしてしまう日が多く、

ソワソワする日が多かったことを伝えました。

 

 

先生からは、休みをとれたこと自体はいいことだが、

1週間程度の休みだと、精神的に良くなっている実感は感じづらい、

ゆっくり休めたと実感し、状態が回復するには1か月単位以上で休む必要がある、

 

と、アドバイスされました。

 

 

つまり、休職を勧められました。

 

休職については突然のアドバイスだったので、

びっくりしてしまいました。。

 

 

 

休暇を終えて出勤初日と今後の方針

 

 

9連休した後の出勤だったため、

しんどさはあったものの、メール確認や

事務的な処理が多くあったので、比較的負担が少なく初日を終えることができました。

 

 

 

今後は、仕事の内容と自分のメンタルの様子見をしながら

薬を変えたり、仕事の調整を上司と相談したりしながら

休職せずに仕事を続けていこうと思います。

 

もしそれでも改善が見られなかった場合、

休職も視野に入れようと思います。

 

 

今回の休暇を終えて、休暇中の改善は見られませんでしたが、

自分の中で今後の方針を決めることができたので、

今後も調子を見つつ、少しでもいい方向に進めるように頑張ろうと思います。

 

 

 

それでは。

メンタル改善奮闘記 Vol. 21 ~新人歓迎会と有給休暇~

どうも、ぱんげあです。

 

 

ここ最近、日本でコロナウイルスの新規感染者数が少なくなってきています。

なんでこんな急に感染者数が少なくなっているのか、

専門家の方にも急激に新規感染者数が減った原因がわかっていないようです。。

 

 

緊急事態宣言も明け、

飲食店の酒類の提供も開始されました。

 

新規感染者数が減っていることもあり、

今年から私のチームに入ってきた1年目の新人の歓迎飲み会がありました。

 

 

チームに配属されてすぐのタイミングでチームメンバーみんなで

オンライン飲み会はあったのですが、

いずれ対面で歓迎会したいね、と話をしていたので

このタイミングで開催されました。

 

 

ただ、事業部全体での歓迎会はこのご時世的に開催すべきでないと

思い、今回もチームメンバー5人で開催しました。

 

今回いった居酒屋では、マスク会食を呼び掛けており、

私たちの席では、できる限り話すときはマスクをつけて

話すことに努めていました。

 

 

居酒屋に来ていたほかのお客さんを見ると、

マスク会食を気にしているお客さんもいるのですが、

お酒が進んでいるグループはマスクをせずに話しているような感じでした。

 

 

歓迎会自体は楽しいもので、

お酒もいい感じに回って

普段聞けない上司の方の仕事以外の話や、

新人の方の話を聞くことができ、楽しい飲み会でした。

 

 

 

 

 

私はお酒は好きなのですが、そこまで強くないので、

自宅では基本的には飲まないため、

1年以上ぶりの居酒屋で、かなり久しぶりのお酒でした。

 

 

お酒が強くないので二日酔いにならないために

いつも下のサプリを飲んで飲み会に参加しています。

 

 

ヘパリーゼなども試したのですが、

この「よいとき」は飲みやすさもあり、

翌日に酔いを残すことが少なくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナウイルスの流行で、酒類の提供が自粛になったり、

マスク着用がデフォルトになったり、

世界がガラッと変わったような印象があったのですが、

 

 

元の日常とまではいかないものの、

コロナウイルスが蔓延って何もできなかった日常から

少しずつ回復しているように感じました。

 

 

 

まだまだ気軽に外に遊びに行くことは憚れますが、

休日に家にひきこもってリフレッシュしきれず、

メンタルが不安定になっていましたが

休日に外に出てしっかりリフレッシュできるような

日常が戻ってくるようになってほしいなと願うばかりです。

 

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

話はガラッと変わるのですが、

仕事もすこし落ち着いたため、

上司や一緒のプロジェクトのメンバーの方と相談し、

本日から今週の1週間、有給休暇をとっております。

 

 

この1週間で、適応障害の症状が快復するとは思っていませんが、

少しの間でも仕事から離れてゆっくり過ごして、

気持ちが少しでも回復できるように予定を立てず、

休むことを優先しながら、好きなことをしてリフレッシュして

過ごしていこうと思います。

 

 

 

それでは。

 

 

 

メンタル改善奮闘記 Vol. 20 ~無気力な日々と休暇調整~

どうも、ぱんげあです。

 

 

ここ2週間ほど、

仕事はそれほど忙しくなかったのですが、

いつも以上に無気力な日が多く、集中力もいつも以上に持続しない日々でした。

 

 

天気が悪い日に体調が影響される傾向があるのですが、

この2週間は特にその傾向が顕著で、

朝起きた時から頭痛がしたり、メンタルの調子がよくなかったりと

それなりに長く苦しい2週間でした。

 

 

そのため、ブログもあまり更新できていませんでした。

更新しようとブログの更新画面までは開くことができるのですが、

書こうとする内容はふわっと考えているのに、

文字が打てない。。。

 

ゲームもしようとおもい起動をするのですが、

スタートボタンが押せない。。

 

 

そんな2週間でした。

 

 

ただ、ジムについては、お金を払っているのだから行かないともったいない、

と貧乏性が発動し、散歩がてらの気分転換に

筋トレではなく、お風呂にゆっくり浸かりに行くことができていました。

 

 

恐るべし貧乏性。。。(笑)

 

 

また、処方いただいていた薬に関しては、

前々回の心療内科の診察から処方いただいた薬(セルトラリン)を飲むことで

起こっていたお腹の違和感はなくなっていたものの、

まだ効果として実感はできていない日々です。

 

 

憂うつな気分や不安感をやわらげ、意欲を高めるお薬です。うつ病や不安障害の治療に用います。

セルトラリン:ジェイゾロフト

 

前回の診察の記事はコチラ

pangea0128.hatenablog.com

 

 

先週の土曜日にまた診察に行ってきました。

 

診察では、まだセルトラリンの効果が実感できていないことを中心に、

集中力がない、気力が湧かない日が多い、などを

先生に相談しました。

 

 

先生からは、今はまだ集中力や気力に焦点を当てるのではなく、

その前に日常的に感じている不安感を取り除くことに集中した方が良い、

 

 

とアドバイスいただきました。

 

 

確かに、常に不安感があることで意識が散漫になっていることもありますし、

何より不安感がひどい日の夜は疲労感がかなりあり、

それが無気力につながっています。

 

 

現状、セルトラリンを飲むことで起こるお腹の違和感がなくなっているため、

セルトラリンの1回に飲む量を増やすことになりました。

 

この前から継続して飲んでいるロラゼパムに関しては、

継続して1日3回飲むことになりました。

 

気分をリラックスさせるお薬です。不安や緊張感をやわらげたり、寝つきをよくします。

ロラゼパム:ワイパックス

 

 

飲む薬の量も増え、

あまり快方に向かっている兆しは見えませんが、

徐々に良くなっていると思いながら日々乗り切ろうと思います。

 

 

 

また、仕事の方では、上司の方と相談し、

最後の業務報告がうまくいけば、来週1週間有休を使用し、

ゆっくり休むよう調整させていただきました。

 

 

私の見えていないところで、いろいろと調整をしていただいたようで、

本当に上司の方には頭が上がらない思いです。

 

 

 

1週間休んだ程度でどれほどの効果が見込めるのかわかりませんし、

あまり効果がないのではないか、と不安感もあります。

2週間ほど休みたかった、という思いもありますが、

そんな長期間、有休で休むことに抵抗があるという思いもあり、

複雑な心境です。。

 

 

とにかく来週は休みを取れるように報告をしっかり乗り切ろうと思います。

 

 

そして、一度仕事から離れて、予定を立てずにゆっくり過ごしたいと思います。

 

 

 

 

それでは。

運動不足解消奮闘記 Vol. 4 ~お風呂ついでにジムに行く~

どうも、ぱんげあです。

 

 

先々週から近所のジムに通い始めました。

 

 

平日はよほどの気力があるときにしか運動目的でジムに行けないのですが、

家にずっといるとしんどくなるので、外に散歩がてら

お風呂に入る、という目的でジムに行ったりしています。

 

私の家は一人暮らしのワンルームなので、

バスタブも小さく、湯舟を沸かしてもゆったりリラックスができません。

 

 

最近、急に寒くなったこともあり、お風呂に浸かりたくなり

10分ほどほんの少し体を動かす程度の運動をして、

30分以上お風呂に入って帰る。

 

 

という形でジムに行くことが増えてきました。

 

 

土日の予定のない日は気持ちが落ち着いていれば、

30分ほど、筋トレか、スイミングで体を動かして

その後、1時間ほどお風呂とサウナでゆっくり過ごしています。

 

 

サウナに入ることでメンタルの調子が良くなることがあるそうです。

私自身は、サウナ→水風呂→外気浴のサイクルは気持ちいいと感じるのですが、

まだ"整う"という感覚がよくわかっておらず、

メンタルの調子を整える効果がある実感を得ることができていません。

 

 

やはり、家でシャワーで済ませるのに比べて、大きい湯舟に浸かって

しっかり体を温めると気持ちいいですし、

その日は早く寝付くことができている気がします。

 

 

ジムに行くために、速乾の超吸水タオルを購入しました。

このタオル、普通のタオルよりも吸水性が高く、

体についた水滴をサッと吸水してくれます。

また、速乾性も優れており、吸水したタオルを絞るだけで、

また高い吸水性が復活します。

 

速乾性が優れていることで、ジムでお風呂に入った後に

濡れていることに気を使わず持って帰ることが出来ます。

 

また、折りたたんで小さくまとめることもできるため、

軽くて持ち運びに便利です。

今後、旅行に行く際は重宝しそうです。

 

 

 

 

 

ジムで運動不足解消、あわよくばシックスパック獲得!を目的としていましたが、

運動不足解消目的ではなく、お風呂目的で通うことが多くなりそうです(笑)

 

 

リングフィットアドベンチャーの方も週に1~2回程度の頻度で

出来ており、運動不足事態はある程度解消できているように思います。

 

 

今後もこの調子で運動を意識して過ごしていこうと思います!

 

 

 

 

それでは。

 

 

 

 

 

 

※ Yahoo!ショッピングのリンクは8mmのヨガマットです

 

【読書感想文】 "HSPとグレーゾーンな人たち"を読んで

そうも、ぱんげあです。

 

 

最近知名度も高くなってきていますが、

みなさんはHSPという言葉、ご存知でしょうか?

 

HSPとは  Highly Sensitive Personの頭文字をとった略語で、

"生まれつき感覚が繊細、敏感で刺激を受けやすい特性の持ち主"

のことを言います。


HSPは環境や性格などの後天的なものではなく、

生まれつき持った性質であることがわかっています。


統計的には人口の15%~20%。5人に1人があてはまる『性質』だそうです。

 

HSPのことを"繊細さん"なんて言ったりもしています。

 

 

HSPについては最近急激に知名度が上がってきたように思います。

私自身、適応障害になって調べているうちにHSPのことを知りました。

 

 

自分もHSPなのではないか、と思うことがあり、

HSPについて書かれた

"HSPとグレーゾーンな人たち"

を読みました。

 

今回はその読んだ自分なりの感想をまとめようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

インターネットでできるHSP診断

 

私はもしかしたらHSPかもしれない、と思い当たる節がいくつかあり、

インターネットでもできるHSP診断テストを実施しました。

 

 

HSPかどうかの簡単な診断はインターネットからでもでき、

下記のリンクから確認できます。

https://hsptest.jp/

f:id:pangea0128:20211027212712p:plain

 

 

 

HSPの診断テストの結果は、HSP度:中ということでした。

 

 

f:id:pangea0128:20211027212532p:plain

 

 

HSPといっても、その中にもいくつか特性があるようです。

 

この診断で自分はHSPの可能性が高いことがわかりましたが、

一方で、自分がHSPかもしれない、と思いながらも

本当に自分はHSPなのか、自分が感じているこの気持ちは

普段ほかの人も感じているのではないか、

HSPという言葉に甘えているのではないか、と思うこともあります。

 

 

"HSPとグレーゾーンな人たち"の概要

 

この本には、

発達障害うつ病気分障害、不安障害等と診断された人たちの中に、

HSPの気質がある、という概念が加わったことで、

心身の不調があるものの、病気を1つと特定できないという

症状が混在している人が増えているそうです。

 

自分がどの病気なのか特定できず、特定できないからこそ余計に辛い、、

 

そのようなグレーゾーンの人たちのことを紹介し、

グレーゾーンの人の生きづらさの原因とその対処方法を紹介している本です。

 

 

かんじたこと

 

全体を通して、

この本で紹介しているHSPやグレーゾーンにいる人たちのエピソードは

データに基づいた話ではなく、あくまで著者自身の話や患者の話なので、

あくまで一例として、"そういう人もいるんだな"、

”この人のエピソードは身に覚えがあるな”

と思いながら読みました。

 

この本で紹介されているエピソードを見ていると、

自分はそこまで大げさにHSPじゃないかもしれない。

むしろ不安症なのかもしれないと思いました。

 

 

また、

テンションが低い状態こそが平常で、それは脳にとってもとても大切な状態ですから、「今は脳の休息」と捉え、心身を休めるようにしましょう。

の一文に感銘を受けました。

 

 

自分は、適応障害になってから、基本的にテンションが低い状態が続き、

無気力な状態になることが多くあります。

 

その状態になってしまい、何もできないことに対してさらに落ち込んでしまう

負のスパイラルに陥ってしまっていました。

 

テンションが低い状態=悪

 

と考えてしまい、その考えがさらに悪い方向に考えが向いてしまっていました。

 

 

この一文を読んで、

テンションが低い状態は普通で問題ないんだ、と気づくことができ、

少し不安が和らいだような気がします。

 

 

ほかにも、

落ち込んだりテンションが上がったりする原因を

脳内ホルモンに関連して説明されており、

 

自分の気分が沈んだりするとき、脳内ではどんなことが起こっているのか、

少しだけ理解できました。

 

理解することで、何もわからないことからくる不安感情が和らぎました。

 

 

この本がおすすめの方

 

この本は、自分がHSPかわからない、と思っている方に

1つの参考事例として読むこと、を個人的におすすめだと思います。

 

 

HSPかも、と思う人は自分を含め、

自分の精神面で起こっている現象(私の場合は、謎の焦燥感、不安感)

について原因がよくわかっておらず、

 

"原因がわからない"ということが余計に症状を悪い方向へ

向けているのではないかと感じます。

 

自分のことや、心理についてもっと知り、

自分を理解していくことが、"生きづらさ"を解消するために

必要なことであるように感じました。

 

そんな原因がわからず、生きづらさを感じている方に是非一読してほしい、

そんな本だなと感じました。

 

最後に

 

しんどい、生きづらいと感じている方の多くの方が

自分がHSPなのかもしれない、と感じているのではないか、

と個人的には思っています。

 

HSPについては、自己判断によるところが多く、

正確な判断基準がまだ確立されていないように私は感じています。

 

 

今回読んだ本でも共感できる部分はあるものの、

共感できない部分も多くありました。

 

HSPかも、と思う人は自分を含め、

自分の精神面で起こっている現象(私の場合は、謎の焦燥感、不安感)

について理解を深め、

自分を理解していくことが、"生きづらさ"を解消するために

日々、自分の気持ちの機微に注目し、

どういうときにしんどくなるのか、

どういうときに気分が晴れるのか、

じぶんを観察していくことが必要なことであるように感じました。

 

 

 

それでは。

 

 

 

 

 

 

メンタル改善奮闘記 Vol. 19 ~心療内科診察と自立支援医療の仮適用開始~

どうも、ぱんげあです。

 

今週末に心療内科に診察にいきました。

また、申請中の自立支援医療制度について

進展がありましたので報告もかねて記事をまとめます。

 

 

 

前回の診察

 

前回、心療内科で診察いただき、

薬をロフラゼプからセルトラリンに変更しました。

セルトラリンは効き始めるまでに2週間~1か月ほど時間がかかる、

と先生から言われており、

そのため、代わりにロラゼパムを処方いただいていました。

 

前回の診察についての記事コチラ

pangea0128.hatenablog.com

 

気分をリラックスさせるお薬です。不安や緊張感をやわらげたり、

寝つきをよくします。

ロフラゼプ酸エチル:メイラックス

 

 

憂うつな気分や不安感をやわらげ、意欲を高めるお薬です。うつ病や不安障害の治療に用います。

セルトラリン:ジェイゾロフト

 

気分をリラックスさせるお薬です。不安や緊張感をやわらげたり、寝つきをよくします。

ロラゼパム:ワイパックス

 

 

先週1週間はセルトラリンが効いている感じがまったくせず、

かなりしんどい1週間でした。

 

 

しかし、今週は先週に比べて少し楽でした。

とはいってもいつもの不安感はあまり落ち着いておらず、

まだまだ付き合っていく必要があるな、と感じました。

 

 

今回の診察

 

 

そして昨日、セルトラリンを処方いただいて

約2週間、その経過を診察で報告しました。

 

相談内容としては、

  • 薬を変えて"朝起きられない"日は減った
  • しかし、寝つきが悪くなり、睡眠の質が落ちたように感じる
  • ロラゼパムを朝と昼の1錠ずつだと、不安症状が出ることが多く、
    また、夜にも以前はあまり感じていなかった
    不安感を感じることが増えた
  • セルトラリンの効果はまだ出ていない気がする

 

と相談しました。

 

 

先生に今の仕事の状況は相談することを忘れていましたが、

今回の結果としては、

  • セルトラリンの効果が実感できるまで今の量で飲んでみる
    効果の実感が出てきたら量を少し増やす
  • ロラゼパムを朝と昼の2錠から、朝昼晩の3錠に変更する。

 

となりました。

 

 

セルトラリンの効果が出てくるとどういった変化があるのか尋ねたところ、

 

しんどさが取れやすく、

物事に対しての意欲が今より湧いてくるようになるため、

"気持ちの変化や、薬の効き目がわかる"そうです。

 

今は仕事が多少落ち着いていることもあり、

しんどさのピークに比べて多少は楽になっている実感はありますが、

 

精神的な不安がなくなるまではまだまだ時間がかかりそうです。。

 

 

また、最近寝つきが悪いことと、眠りが浅いことが多くなったので、

アイマスクを買いました。

 

 

 

暖かくなるアイマスクで、じーんわり目元が暖かくなり、

目の疲れが取れ、少し眠りやすくなった気がします。

 

なにより、じーんわり目元が暖かくなるのが心地よく

寝る前にリラックスできます。

 

また、充電式でコードレスなので何度も使うことができ、

安眠グッズとしていい買い物でした。

 

 

自立支援医療制度について

 

前回の診察で、自立支援医療制度用の診断書を作成いただいておりました。

 

その診断書と必要書類を持って自治体に申請しました。

私の自治体の場合、コロナウイルスの影響もあり、

郵送で申請可能、ということで郵送で申請しました。

 

 

郵送後2日ほどで、自治体から

受付印がある自立支援医療支給認定申請書の本人控えを送り返していただきました。

 

この本人控えを受付に提出したところ、

 

受付印以降の日から制度の仮適用期間として適用されることとなり、

医療費の負担が1割になりました。

 

受付の方から、自己負担上限額も仮で適用しているため、

本適用になった後に請求金額が変更になる可能性があり、

仮適用期間中の領収書は保管しておくこと、

と言われました。

 

また、上記の請求の管理表をいただき、

次回以降、この管理表と、本人控えを持ってくる必要があることを

伺いました。

 

※この仮適用期間中に医療費負担が少なくなるかは

 かかりつけの病院によりますので、

 ご自身のかかりつけ医に確認してみてください。

 

 

 

自立支援医療制度の概要や申請方法についてはコチラにまとめております

pangea0128.hatenablog.com

 

 

少しでも金銭面の心配が減らすことができるので、

医療費が3割負担から1割負担になるのは本当にかなりありがたいです。

 

 

次回の診察までにセルトラリンの効果が

実感できるようになっていればいいのですが、、

 

 

あと、そろそろ仕事の方も少し落ち着いたので、

上司に相談して1~2週間ほど有休をとってゆっくり期間を相談したいなぁ。

 

 

有休をとることを相談する、ということ自体に申し訳なさがあるのですが、

以前上司に相談したときは有休はぜひ取って休息してほしい、

と言ってくださっているので、時間を取って相談させてもらおうと思います。

 

 

 

それでは。

 

 

Google AdSense(アドセンス)合格への道 ~無料版はてなブログでも合格した内容のご紹介~

どうも、ぱんげあです。

 

 

ブログを始めるにあたり、

とりあえずまぁお小遣いになればいいな程度で申請だけしとくか

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)何件かと、

google Adsenseを申請しました。

 

主に使っているASPは、

もしもアフィリエイト、ドコモアフィリエイトamazonアソシエイト

を使用しています。

 

この辺のASPは個人的には比較的簡単に承認いただきました。

 

 

しかし、問題なのはこのブログタイトルにもある、

Google AdSense(アドセンス)です。

 

 

気楽な気持ちで始めたのですが、

ブログ初心者にとってこれが結構難しく、

最初のハードルのように個人的に思いました。

 

そして、先日、紆余曲折ありながら

私のこのブログもGoogle AdSebseに合格できました!

 

不合格通知が来てからどのように改善したのか、

合格体験記としてまとめようと思います。

 

 

私と同じブログ初心者で、なかなかGoogle AdSebseに

合格がもらえない方の参考になれば幸いです。

 

 

 

 

初めに

 

ちなみに、AdSenseを合格するためにまとめられている記事を見ると、

よく出てくる情報として、

独自ドメイン」の取得が必須。

という内容が散見されますが、

 

私は、はてなブログの無料版でブログをやっており、

独自ドメインを取得せずにGoogle AdSebseに合格できましたので

 

独自ドメインは必須ではない

 

ということは最初に伝えておこうと思います。

 

独自ドメインがGoogle AdSebseに合格する確率が上がることはあると思います。

 事実、はてなブログの公式のヘルプには

 Google AdSebseのために「独自ドメイン」の取得を推奨していました。

 

Googleアドセンスの申請をする - はてなブログ ヘルプ

 

 

 

合格までに挑戦した回数・期間

 

私の場合、Google AdSebseは2回目の申請で合格することができました。

 

1回目はいくつかの記事を読み、共通してい出てきていた

最低限の内容のみで申請しました。

 

そこから約2週間審査期間を経て、

不合格となりました。

 

その後、1週間ほど修正期間として、

ブログの内容を見直しました。

この辺は後で、詳細をまとめていきます。

 

 

そして、2度目の申請を実施し、

1週間の審査期間を経て合格することができました!

 

 

まとめると、最初に申請してから合格するまでに、

およそ1か月ほどかかりました。

 

 

1回目の挑戦

 

1回目の申請時は、ブログ本格開始から約2か月ほどで申請をしました。

そのときのブログのボリュームは以下でした。

 

  • 記事数:25ほど
  • 1記事あたりの文字数:平均して1000文字程度
  • 累計PV:150くらい

 

1回目はほかの方の記事を参考に、以下の内容を実施していました。

 

  • プライバシーポリシー設定
  • お問い合わせフォーム作成
  • グローバルメニュー作成

 

それぞれの作成方法については、たくさんの方が

作成方法をまとめてくださっていますので、調べてみてください。

(投げやりですみません。。。)

 

 

記事の内容としては、今と変わらず、適応障害になり、

適応障害との付き合っていく内容についてや、旅行や音楽の趣味のことを

雑記のようにまとめていました。

 

 

結果として、申請してから2週間ほどで

アドセンスは不合格のメールが来ました。

 

アドセンス申請中も記事を更新は継続していました。

 

 

f:id:pangea0128:20211023194327p:plain

 

 

不合格になって

 

無事不合格になったのですが、Google AdSebseは不合格になった

明確な理由が記載されません。

 

理由が明確にされず不合格にされたことで、

なんとしてでも合格してやろう!

と闘志を焚き付けられました。

 

まず、Google AdSenseを合格するための情報収集を始めました。

[初めに]でも記載しましたが、Google AdSenseを合格するためにすべきこと、

という記事によく出てくる情報のなかに、

 

独自ドメインの取得

 

がありました。

 

私の場合、はてなブログの無料版でブログをやっております。

独自ドメインを取得するには有料版でブログを運用する必要があり、

可能な限り無料で趣味としてのブログを続けたかったので、

 

独自ドメインは合格できなかった時の最後の手段として、

独自ドメインを取得せずに合格を目指しました。

 

 

2回目の挑戦

 

そこで、以下のブログの内容を見直しを始めました。

 

  1. カテゴリの階層構造化
  2. パンくずリスト作成
  3. ブログのデザインの変更
  4. google search consoleの登録(なぜしていなかったのか。。。)
  5. ブログ内容の修正

 

1回目の申請時からブログの更新を続けており、

2回目の申請の時のブログのボリュームは以下でした。

 

  • 記事数:35ほど
  • 1記事あたりの文字数:1000文字以上程度
  • 累計PV:500くらい

 

1.カテゴリの階層構造化

 

まず、カテゴリを見直しました。

1回目挑戦の時、カテゴリが整備できていませんでした。

 

カテゴリが整備されていないことで、記事が見つけにくいことや、

全体的にごちゃごちゃしていました。

 

そのため、"日常"カテゴリの中に"旅行"や"雑記"を含むように、

カテゴリの中にカテゴリを作る、いわゆる階層構造に変更しました。

 

はてなブログでカテゴリの階層構想にする場合、

下の画像のように、子にしたいカテゴリ名を

"親カテゴリ-(ハイフン)子カテゴリ名"

に変更することで階層構造にすることが出来ます。

 

f:id:pangea0128:20211023204739p:plain

 

 

 

2.パンくずリストの作成

 

パンくずリストとは、

今、ブログのどこの位置にいるのか、わかりやすくするために視覚化したものです。

 

カテゴリの階層構造化したことで、下の図のように、

"トップ"の下の"01.奮闘記"の中の"メンタル改善奮闘記"の位置にいる、

ということが視覚的にわかるようになります。

 

f:id:pangea0128:20211023205445p:plain

 

 

 

はてなブログの場合、

管理画面から、"デザイン"→"記事"の順にクリックし、

下の方にある"パンくずリスト"のチェックボックスをクリックして、

"設定を保存する"をクリックすると

パンくずリストが表示できます。

 

 

3.ブログのデザインの変更

 

独自性を出す、ということを目的に、

ブログのデザインを変更しました。

 

ブログの背景色についてデフォルトデザインが淡い淡色でしたので、

現在の明け方の空のようなデザインに変更しました。

 

また、それに合わせて、ブログタイトルの背景画像も作成しました。

作成といっても過去に旅行で行って撮ったいい感じの画像を使い、

少し編集した程度です。

 

 

全体のデザインに合わせてグローバルメニューも変更しました。

まず、グローバルメニューの色を全体に合うよう変更し、

グローバルメニューにサブメニューを出すように修正しました。

 

グローバルメニューにサブメニューを出すには、

HTMLのヘッダーと、CSSを編集することで、作成することが可能です。

 

 

4. google search consoleの登録

 

google search consoleを登録し、"URL検査"を使い、

自分の記事をgoogleが認識しているか、確認したところ、

1件も認識されていない状態でしたので、

記事のURLを登録するようにしました。

 

SEO対策にもなりますし、記事を書いたら

google search consoleで記事を登録する癖をつけるようにしました。

 

support.google.com

 

 

5. ブログ内容の修正

 

ツイッターのGoogle AdSebseに合格した方から、

"医療系の内容は合格しづらいようだ"

というコメントをいただきました。

確かに適応障害の記録として、処方いただいた薬の内容や、

自立支援医療制度についての記事などを主に書いていたため、

医療系の内容と捉えられていた可能性がありました。

 

記事タイトルの修正

 

そこで、記事のタイトルを以下に変更しました。

 適応障害記録 → メンタル改善奮闘記

 

 

記事内容の修正

 

また、記事の中で紹介している処方いただいた薬の名前と効果を明記し、

薬の紹介内容の引用元URLを明記するよう修正しました。

 

 

 

 

記事のアイキャッチの修正

 

続いて、記事のアイキャッチを変更し、統一するようにしました。

以前は特に意識せずに記事を投稿していたので、

アイキャッチにふさわしくない画像がアイキャッチに設定されていたりしたので、

すべてデフォルトのアイキャッチに変更しました。

 

できれば、カテゴリ毎にアイキャッチを作ったり、

記事の内容がわかるようなアイキャッチを作ったりした方が

効果的なような気がしますが、それは今後、改善していこうと思います。

 

 

 

不必要な記事の非公開化

 

投稿している記事の中で、1000文字以下の記事について、

加筆修正し、1000文字以上の記事になるようにしました。

 

 

また、特に有益ではなさそうな不必要と思われる記事は非公開にしました。

 

 

★記事の非公開設定は、"記事の管理"ページから

対象の記事を編集し、画面の右下の”・・・”をクリックし、

"下書きに戻す"をクリックすることで記事の非公開にすることができます。

 

f:id:pangea0128:20211012215845p:plain



 

問い合わせフォームの修正

 

記事の内容を再確認していく中で、

問い合わせフォームがおかしいことに気づきました。

下の画像のように、お問い合わせ本文の枠が2つあったのです。

 

f:id:pangea0128:20211008000028p:plain

 

 

そこで、下記のように変更しました。

 

f:id:pangea0128:20211008000118p:plain

 

 

その他、実施したこと

 

 

現時点で、私のブログの記事を見ていただいている人の大半は、

ツイッターからアクセスいただいているような状況です。

 

どうせブログを書いているのだから、

できるだけ多くの方に記事を見ていただきたい、という思いから

 

記事の紹介をランダムで自動ツイートしてくれるサービス

BotBirdを導入しました。

 

Botbirdを導入してから、少しではありますが、

興味を持っていただける方が増え、ありがたいことにPV数が増えたように思います。

 

PV数については、Google AdSebseの合否に関係ない、という記事もありましたが、

"役に立つ記事"という指標の一つとしてPV数は見られているのではないか、

と個人的に推測していました。

 

この、記事紹介の自動化は

Google AdSebse合格に少しでも貢献してくれたのではないか。

と個人的には考えています。

 

 

Botbirdの利用方法についてはコチラにまとめておりますのでよかったらどうぞ

pangea0128.hatenablog.com

 

最後に

 

ということで、私がGoogle AdSebseに一度不合格になったあとに

合格した際に変更した内容についてまとめました。

 

 

私を含め、Google AdSebseに合格することはブログをしていくなかで

1つの目標になる方も多いと思います。

 

また、Google AdSebseの合否で、ブログのモチベーションが左右される方も

多くいらっしゃると思いますので、

Google AdSebseの審査に通らず悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

 

 

それでは。